サイトのコンセプト変更!1万冊の「良さ」と「役割」をアウトプットをする読了レビューサイトへ

こんにちは。右脳迷子(@unoumaigo)です。

9月に面白い本、面白くない本をバッサバッサとレビューするぞ!と思い立ち上げた本サイトですが、色々と本を読みながら早くも考え方が変わりました。

それは、どんな本にも創り手の「想い」がこもっているということ。

本には、何らかの強烈なメッセージが込められている。自分はそれを浅はかな知識で、「面白い」と言うならまだしも、「つまらない」などと言おうとしていた残念さに気がついたんですね…

本を出版するということは、全然気楽な仕事じゃありません!

作者、編集者、装丁家、校正スタッフ、広報、販売する書店、応援する人々…たくさんの人が関わり、団結して生み出されるのが、本です。

本という分かりやすい物体になった瞬間、批評しやすくなる。でも面と向かって、作者に「この本つまらないですね」はなかなか言えない気がします。

ネットでは自由に発言できますが、それじゃ何か無責任だし、何より「つまらない!」と本気で思う本になかなか出会わなかったのが動機です。

…ということで前置きはここまで!そんな陰口を叩くような陰湿なサイトじゃなくて、もっと読書の良さを伝えられる明るいサイトにしたいと思って、コンセプトを変えることにしました。

サイトのコンセプト

1万冊の「良さ」と「役割」を伝える

個人的な目標でもありますが、これから1万冊読み、サイト上でその本の「良さ」と「込められたメッセージや役割」をアウトプットして行きます。

「この本興味ないなー」と思ったとしても、「本当はこんな事を伝えたい本だよ」と事前にわかっていれば、もしかしたら読むきっかけになるかもしれない。

私自身も読書によって人生変わったと思うタチなので、自分の個人的な解釈で微力ながら読書の良さを広めていければと考えています。

1年300冊なら、33年くらいで達成できる!やってやるぞー!

フォロワーさんと創る、もう一つのコンセプト

自分の世界だけでは、本当に面白い本は見つけられないと思います。本の好みは雑食ですが、偏りがあるのも事実。

ということで、ぜひ皆様のおすすめの一冊を教えてほしいと思っています。別にツイッターにこだわっていませんが、

「フォロワーさんからのおすすめの本を千冊」レビューします!

ざっくり言うと、自分で9,000冊読む。残り最低1,000冊はおすすめしてもらった本を読んで、レビューする。こんな感じです。内訳は変わると思いますが。

《1万冊読書のルール(自分用)》
・思い立った日(2018年12月15日)以降読了した本が対象
・読了したらツイート
・サイトにアウトプットして1カウント

《フォロワーさんおすすめ本千冊レビューのルール(自分用)》
・入手困難なものや辞書、完全な専門書以外はできる限り読む
・食わず嫌いしない!
・他は1万冊読書と同じ

宣言したので、ゆるゆるやってこうかなと思います!

ツイッターにも書いてますので、「こんな本おすすめだよー!」というのがあれば、ぜひ教えてください。

今後ともどうぞよろしくお願いします!

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です