【最新記事】森見登美彦『夜は短し歩けよ乙女』が起こした3つの化学反応ページを見てみる

【厳選77冊】54人の読書好きが擦り切れるほど読んだ再読本

目次

56・57冊目『ワイルド・ソウル』『ゆりかごで眠れ』垣根涼介

お客様:10mルールのキープディスタンスが人気の青空読書会主宰、脳側透楽夢(のーさいど・すくらむ)様(@masa_bookworm
ご提供品:「崩して食べるコラプシング豆腐 使わなかったレッドカードのクラッカー添え」

created by Rinker
新潮社
¥880 (2022/05/23 10:47:42時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥617 (2022/05/23 10:47:42時点 Amazon調べ-詳細)

58冊目『薔薇の名前』ウンベルト・エーコ

お客様:無限廻廊を彩る食人ドライフラワーのアレンジャー、異呪裏不連続(いまじなり・ふれんず)様(@paninaro10
ご提供品:エスプレッソによく合う「アルラウネの樹液で固めた麒麟の眼球のべっこう飴」を見られながら

created by Rinker
¥2,530 (2022/05/23 21:00:12時点 Amazon調べ-詳細)

 

59冊目『リベラル・アーツへの道』麻田貞雄

お客様:叡智の絨毯でサイレントマジョリティーを丸めて圧搾する縫製職人、黒羊坂道(くろひつじ・さかみち)様(@rye_sheepman)
ご提供品:「汚したくなる真っ白な皿でいただく 一汁九菜の不協和音懐石」

 

60~66冊目『三島由紀夫レター教室』『命売ります』『春の雪』『女神』『お嬢さん』『夏子の冒険』『複雑な彼』三島由紀夫

お客様:ご機嫌なBGMで活字が踊りだす酩酊文学喫茶「風待ち」店主、代弥野永子(だいやの・ええす)様(@kongouseki4
ご提供品:「イデアの水槽に浮かべた退屈の花のエディブルフラワーゼリー」をスロウなアルコールとあわせて

created by Rinker
筑摩書房
¥682 (2022/05/23 21:00:13時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥748 (2022/05/23 10:40:38時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
新潮社
¥880 (2022/05/23 10:47:45時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
新潮社
¥693 (2022/05/23 21:00:13時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
KADOKAWA
¥660 (2022/05/23 10:48:16時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
KADOKAWA
¥572 (2022/05/23 10:48:47時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
KADOKAWA
¥748 (2022/05/23 10:47:47時点 Amazon調べ-詳細)

 

67冊目『和菓子のアン』坂本司

お客様:好きな言葉だけを詰め込み廻転させる偏食万華鏡の生みの親、心乃御箸姫(こころの・おはじき)様(@annko_book
ご提供品:「うるう年の余った夜にこびと達がしたためた魔法陣で奉じた焙じ茶 弾ける宝珠入り」

created by Rinker
¥715 (2022/05/23 10:48:17時点 Amazon調べ-詳細)

 

68冊目『ゴースト・ハント』HR・ウェイクフィールド

お客様:徹頭徹尾主観的な評価のみで値を付ける孤高の古物鑑定士、餡田蔵武怒(あんだ・ぐらんど)様(@2ndclassshaman
ご提供品:「いかがわしいネオンの下で赫く発光する交感神経のアラビアータ」

created by Rinker
¥2,569 (2022/05/23 21:00:14時点 Amazon調べ-詳細)

 

69冊目『理由』宮部みゆき

お客様:「The world is my blackboard. (世界こそが我が黒板)」の金言で名を馳せた物理学者、ψ秀定理(さいしゅう・ていり)様(@booksrecord1
ご提供品:「代入されたがる変数達の目隠しビュッフェ 定理のカクテル一杯サービス」

created by Rinker
朝日新聞社
¥943 (2022/05/23 10:47:49時点 Amazon調べ-詳細)

 

70冊目『死者のための音楽』山白朝子

お客様:旧友の御不浄華子(ごふじょう・はなこ)氏との怪談Clubhouseが人気、百物語曰(ひゃくものがたり・いわく)様(@5RlitR1YPE1MtwP
ご提供品:カフェオレに合う「恐山極楽浜産 海藻エキスを練り込んだ日本人形焼」

created by Rinker
¥475 (2022/05/23 21:00:15時点 Amazon調べ-詳細)

 

71冊目『虚ろまんてぃっく』吉村萬壱

お客様:本とその持ち主の心を凛と包みあげる一張羅の仕立て屋さん、天乃羽衣(あまの・うい)様(@risa8osaka8
ご提供品:「ビッグ・ブラザーに見守られながら頂く、動物農場で丸々肥えたイベリコ豚の生姜焼き」

created by Rinker
¥1,528 (2022/05/23 21:00:15時点 Amazon調べ-詳細)

 

72冊目『零號琴』飛浩隆

お客様:「ダリアの日に」と依頼された究極キマイラを蒼白の部屋で培養する調合師、流架斗暗薄(りゅかと・くらうす)様(@HatoNo_Tudoi
ご提供品:「核シェルターで守り抜いた一点物のダージリンティー ポリゴンの角砂糖浮かべ」をFPS視点で

 

73冊目『死神の精度』伊坂幸太郎

お客様:氷を破るマンモスのプロジェクション・マッピングで世界を湧かす幻想仕掛け人、平女鬼出逢(ひらめき・いであ)様(@ikep72865553
ご提供品:「ハイドロブレードでくり抜いた真円のピッツァに4回転ルッツでメルトチーズを掛けて」

created by Rinker
¥612 (2022/05/23 10:48:20時点 Amazon調べ-詳細)

 

74冊目『秘密』東野圭吾

お客様:ダイイングメッセージにすかさず一筆加えて現場をキョトンとさせる書道ファンタジスタ、謎巡硯(なぞめく・すずり)様(@obamiz33
ご提供品:ブラックコーヒーと「第一発見者の記憶をぶっ飛ばす度数高めのウイスキーボンボン」

created by Rinker
文藝春秋
¥836 (2022/05/23 10:48:50時点 Amazon調べ-詳細)

 

75冊目『まぶしくて見えない』山本文緒

お客様:ファーブル昆虫記のゴーストライターを務めたプロフェッショナル観察師、流部葉月(るうぺ・はづき)様(@ameballad)
ご提供品:「単焦点レンズで焼きを入れたノドグロのふっくら仕上げ 泣ける大根おろし添え」

 

76冊目『みんな邪魔』真梨幸子

お客様:パピルスそよぐ文学の遺跡で踵を鳴らす流星少女、譜路一線(ふろい・らいん)様(@Michika_book
ご提供品:〆のデザート「疑心暗鬼の竹串で掻き集めた 聞くに堪えない呪詛の溶け込むエクトプラズムの赤黒いコットンキャンディ」

created by Rinker
¥838 (2022/05/23 10:48:51時点 Amazon調べ-詳細)

 

77冊目『金色機械』恒川光太郎

お客様:匿名希望

再読カフェ、閉店に寄せて

いかがでしたでしょうか。

それぞれ様々な想いがあり、何回も読み直してしまう再読本の世界、とても味わい深いですね。

私も久々に沢山の料理をつくることができて、キッチン(皆様のタイムライン)をバタバタと駆け回るのが楽しかったです。

私も早速購入したおすすめ本を読むとしましょう……こんなきっかけで読書の輪が広がっていけたら、とてもうれしく思います。

それでは最後までご覧いただき、ありがとうございました。

また会う日まで。閉店ガラガラ……

 

 

これまでのタグ企画はこちらから!

▼「#密な本を提出します」【82の密な本リストを公開】こんな時代だからGOTO読書でLet’s密!

あわせて読みたい
【82の密な本リストを公開】こんな時代だからこそ、GOTO読書でLet’s密! 【GOTO読書!本でLet's密!密な本を集めよう】 それは2020年の夏休みに入った時のことだった。世間では相変わらず新型コロナウイルスが猛威をふるい、密を避けてあらゆ...

▼「#再読カフェ」【厳選77冊】54人の読書好きが擦り切れるほど読んだ再読本

あわせて読みたい
【厳選77冊】54人の読書好きが擦り切れるほど読んだ再読本 【「再読カフェ」へようこそ。】 読めば読むほど味が出る。何回読んでも発見がある。保存用にもう一冊…… 世の中に本は無限にあるのに、他にも読みたい本があるのに、定...

▼「#積読合衆国」44人の読書好きが積んでいる本を教えてくれた件

あわせて読みたい
【#積読合衆国】44人の読書好きが積んでいる本を教えてくれた件 【「積読」とは何か?】 世界には読書好きな人間が星の数ほどいる。そしてその星の数以上に、世界には「買ったけど読めていない本」いわゆる「積読」が存在する! こん...

▼「#夏を凍てつかせる怖い小説」《閲覧注意》【厳選42作品+α】闇夜の大晩餐会。暗黒の通り名+メニューを添えて

あわせて読みたい
《閲覧注意》夏を凍てつかせるおすすめの怖い小説・ホラー小説【厳選42作品+α】闇夜の大晩餐会。暗黒の... 御機嫌麗しゅう。今年も暑い夏がやって参りました。地獄の業火に焼かれながら、それでも人は涼を求めるもの。読書好きの皆様に於かれましては、それなら「怖い小説」で...
1 2 3 4

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
目次
閉じる